東京オリンピック用のスタジアムの設計について

PR|新築の建売り探しならこちら
建築家のザッハハディド氏の設計で2020年の東京オリンピック用のスタジアムになるとコンペの結果が今年でている。それに対していろいろと考える会があり、建築家の槇文彦氏が巨大で景観に影響を与えすぎると言っていた。この意見に私も同意してコンペの時のSANAA(妹島和世+西沢立衛)の設計案の方が高さも低く周りの風景に溶け込む形でいいと思っています。
だた、現代の建築は風景になじむよりもアイコンとして風景から自立したものを求められる傾向も強くあり、この議論は、設計における2つの考えの違いがメインのテーマになっています。タワーのように風景から自立して存在感を示すことが重要なのか風景や周りの環境を考慮した静かな設計案がより良い風景や環境を作っていくのかは、難しい課題です。正直、今回の案については、世界中に際立つザッハ氏のドームよりも今まで巨大なドームを設計したことのない新しいタイプの風景としてのドームが作れるSANNAの方が面白いと思うので彼らがまた別の国の国際コンペで設計して実現させて欲しいです。

英語上達の秘訣|生命保険の選び方|主婦の在宅ワーク|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|童話集|GetMoney|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|