高齢者になってのリフォーム

高齢になったときのリフォームについてお話します。

リビングは、家族でゆっくりと楽しむ場所です。

高齢者や障碍者、近所の方と気軽に話ができるように

することが大切です。

玄関からトイレ、キッチンに行きやすいかどうか考えましょう。

床はすべりにくく、掃除をしやすい素材があっています。

キッチンは、油で汚れやすいのが特徴です。

安全に作業できるゆとりのスペースが、必要です。

調理は電化にする家族も増えています。

高さや幅なども、使用する人に合わせて選びましょう。

収納は、高いところにあるものや奥のほうは使いにくいので

アップダウンやスライド式を使います。

寝室は、静かな環境で過ごせることが大切です。

緊急時に外出がしやすいような、設計が好ましいです。

トイレが近いととても便利です。

床は掃除をしやすいものを選びましょう。

家具を多く置いていると、手すりを使えない場合があるので

収納スペースをしっかりと、とりましょう。

寝具はベッド方が、布団のあげおろしがないので楽です。